試験概要

試験の目的

CAD利用技術者試験は、CADを利用するうえでの技術を明確化し、一定水準の技術に達している者に対して評価・認定を行い、その技術保持者の育成と社会的・経済的地位の向上を図ることを目的としています。

制度概要

CAD利用技術者試験は、平成2年10月の創設以来25年間、現在までに延べ56万人を超える総受験者と、19万人を超える合格者を排出した実績のある資格試験です。試験は、「2次元CAD利用技術者」「3次元CAD利用技術者」の2種類あり、それぞれレベルが設けられています。

「2次元CAD利用技術者」は、「基礎」「2級」「1級」に分かれ、「1級」は分野別に「機械」「建築」「トレース」に分けられます。

「3次元CAD利用技術者」は、「2級」、「準1級」、そして「1級」と受験者のレベルに合わせて資格取得を目指すことが出来ます。

現在は、製造業による東南アジアへの生産シフトやCAD技術者の雇用ニーズに応えるべく、その第一歩として平成26年11月より年2回、ベトナム(ハノイ)にて3次元CADの実技試験を開始しました。

実施団体

主催:一般社団法人コンピュータ教育振興協会

試験の種類と公式ガイドブックの紹介

試験名 試験方法 実施日程 公式ガイドブック
2次元 2次元CAD利用技術者試験基礎 IBT試験(筆記問題) 随時 ●(2級・基礎共通)
2次元CAD利用技術者試験2級 CBT試験(筆記問題) 随時 ●(2級・基礎共通)
2次元CAD利用技術者試験1級(機械) 筆記+実技(DXFファイル提出) 6月・11月(年2回)
2次元CAD利用技術者試験1級(建築) 筆記+実技(DXFファイル提出) 6月・11月(年2回)
2次元CAD利用技術者試験1級(トレース) 筆記+実技(DXFファイル提出) 6月・11月(年2回) ●(ダウンロード販売)
3次元 3次元CAD利用技術者試験2級 筆記 7月・12月(年2回) ●(各級共通)
3次元CAD利用技術者試験準1級 実技(解答はマークシート) 7月・12月(年2回) ●(各級共通)
3次元CAD利用技術者試験1級 実技(解答はマークシート) 7月・12月(年2回) ●(各級共通)

試験対策コンテンツと関連情報


TOPへ
戻る