2次元CAD利用技術者試験1級・2級

2次元CAD利用技術者試験1級概要

1級(機械) 1級(建築) 1級(トレース)
合格者像 機械系のCADシステムを利用し、主として設計・製図業務に従事し、1年以上の就学・就業経験を有する者を想定して行います。CADシステムを操作できるだけではなく、設計の補助業務を担い、将来、設計者やオペレーターの管理業務を目指す方が合格者像です。 建築系のCADシステムを利用し、主として設計・製図業務に従事し、1年以上の就学・就業経験を有する者を想定して行います。CADシステムを操作できるだけではなく、設計の補助業務を担い、将来、設計者やオペレーターの管理業務を目指す方が合格者像です。 汎用系のCADシステムを利用し、主として2次元図面のトレース業務に従事し、半年以上の就学・就業経験を有する者を想定して行います。CADシステムによる製図業務に特化した、操作能力と知識を必要とし、社員としてはもちろん、派遣業務や在宅業務を目指す方が合格者像です。
合格後の進路 機械設計事務所、機械・設備メーカー、CADインストラクター 建築設計事務所、住宅・設備メーカー、CADインストラクター 建築・土木設計事務所、機械・アパレル・インテリアメーカーおよび、派遣・在宅のCADオペレーター
受験資格 2級有資格者および過去の1級合格者に限ります。
資格名/称号 2次元CAD利用技術者試験1級(機械) 2次元CAD利用技術者試験1級(建築) 2次元CAD利用技術者試験1級(トレース)
受験料 15,000円+消費税   ※過去の1級合格者は10,000円+消費税
受験対象者 機械系CADに関する専門知識および技能を修得している方を対象としています。CAD関連業務就業者ならびにそれに準じる知識および技能を有する方を想定して試験を行います。 建築系CADに関する専門知識および技能を修得している方を対象としています。CAD関連業務就業者ならびにそれに準じる知識および技能を有する方を想定して試験を行います。 汎用系CADに関する基本知識および技能を修得している方を対象としています。CAD関連業務就業者ならびにそれに準じる知識および技能を有する方を想定して試験を行います。
受験形態 実技試験と筆記試験
試験時間 80分 13:40~15:00(保存時間含む)   ※筆記問題、実技問題のどちらから始めても構いません
試験方法 CADシステムを使用した実技問題(解答データを保存したフラッシュメモリを提出)と機械分野の専門知識を問う筆記問題。 CADシステムを使用した作図問題(解答データを保存したフラッシュメモリを提出)と建築分野の専門知識を問う筆記問題。 CADシステムを使用した実技問題(解答データを保存したフラッシュメモリを提出)とトレース分野の基本知識と各分野の図記号および略語を問う筆記問題。
試験事前準備 解答枠の事前ダウンロードを行うこと(行っていない場合は採点対象外となります。また当日の提供も行いません)。
試験内容 ●実技試験
【機構部品の作図】
リンク機構、カム機構
【投影図からの作図】
第三角法
【適切な数値(カタログ、要目表など)からの作図】
機械要素部品
※ファイルは、DXFフォーマットで保存すること。
●筆記試験
【機械製図の知識】
機械製図の基本、材料、公差とはめあい、幾何公差、表面性状、加工方法、機械要素
●実技試験
RC造:平面図、断面図、立面図、矩計図、部分図、展開図
木造:平面図、断面図、立面図、部分図、展開図
※ファイルは、DXFフォーマットで保存すること。
●筆記試験
【建築製図の基礎知識】
建築業務の基本知識、建築製図、建築の主な構造、建築の主な材料と部材、モデュール、建築業務と建築図面の役割
【建築生産の電子情報】
建築CALS/EC、建築生産業務の電子情報化、建築CAD図面作成要領、コンピュータによるシミュレーション
●実技試験
【編集・レイヤ設定能力】
図形の編集、コマンド機能、レイヤ設定
【トレース能力】
図面のトレース
【投影能力】
投影関係と形状理解
※実技試験では、出題される分野の専門知識は必要ありませんが、図記号、線種などの知識は必要となります。
※ファイルは、DXFフォーマットで保存すること。
●筆記試験
【製図の知識】
図面の名称、線の種類と用途、寸法補助記号、図記号(建築、機械、土木、電気)
出題比率 実技試験:75% 筆記試験:25%
合格基準 実技試験・筆記試験が各5割以上、および総合が7割以上を合格基準
公式ガイドブック 販売サイトへ 販売サイトへ

2次元CAD利用技術者試験2級概要

合格者像 CADシステムを利用するすべての企業において、製図業務や営業・販売業務に従事し、半年以上の就学・就業経験を有する者を想定して行います。1級の合格を目指す方はもちろん、設計や製図、CADシステムの販売等に従事する方が合格者像です。
合格後の進路 1級の受験、設計事務所・メーカーの営業、派遣・在宅のCADオペレーター、CADインストラクター
受験資格 特に制限はありません。
資格名/称号 2次元CAD利用技術者試験2級
受験料 受験料:5,500円+消費税
受験対象者 CADに関する専門知識(CADシステム、製図)とCADシステムを利用し設計・製図業務を行ううえで必要な知識を修得している方を対象としています。CAD関連業務就業者ならびにそれに準じる知識および技能を有する方を想定して試験を行います。
試験形態 筆記試験 (CBTシステムを利用した試験ですので、全国にあるCBT専用会場で受験いただけます)
試験時間 60分
試験方法 CBTシステムによる多肢選択方式(60問)
試験内容(分野) ●CADシステム分野
CADシステムの概要と機能、CADシステムの基本機能、CADの作図データ、CADシステムとハードウェア、CADシステムとソフトウェア、ネットワークの知識、情報セキュリティと知的財産、CADシステムの運用・管理と課題、3次元CADの基礎知識
●製図分野
製図一般、製図の原理と表現方法、製図における図形の表現方法
出題比率 CADシステムの知識:60% 製図の知識:40%
合格基準 CADシステム分野・製図分野が各5割以上、および総合が7割以上を合格基準
公式ガイドブック 販売サイトへ

TOPへ
戻る