fbq('track', 'ViewContent');

エンジニアのための環境エキスパート検定試験って?

検定試験概要

現代社会は、地球温暖化対策、省エネルギーなど「環境」に関わる活動が重要視されています。 そのような状況の中で、特にものづくりに携わる企業では、設計者はもちろんのこと、営業や広報・宣伝など幅広い部門で環境知識が必要となってきます。 また、ものづくり企業へ就職を希望している学生も、就業前に最低限の環境知識を身に付けることは、重要な要素となっています。

具体的には、「科学技術と解決プロセス」を理解し、環境問題に対する解決手段を選択し、実行するための知識を身に付ける必要があります。 「エンジニアのための環境エキスパート検定試験」では、ものづくりの視点から環境問題を取り上げ、必要な知識を学習・理解してもらうことを目的としています。

環境エンジニア1級は一般社団法人産業環境管理協会が実施する「エネルギー・環境マネジャーキャリア段位制度」のレベル2、環境エンジニア2級は同レベル1の評価対象資格です。
エネルギー・環境マネジャー段位制度詳細

検定試験名 エンジニアのための環境エキスパート検定試験
(英語名:Certification of Environmental Expert for Engineers)
資格名 環境エンジニア1級、環境エンジニア2級
実施組織
  • 主催:一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)
受験資格 制限はありません。
受験区分 個人受験 / 団体受験
受験料 6,000円+消費税
受験対象者
  • 工学系の学生(大学、高専、専門学校など)
  • 製造系企業に就職・転職を希望されている方
  • 製造系企業に在籍して1~2年程度の方

合格者像

合格級 評価
環境エンジニア1級 環境エンジニアとして、環境経営・環境設計を実践できる
環境エンジニア2級 環境エンジニアとして、基礎的な環境知識を有している

合格基準

「地球環境問題」「環境問題への対応」「地球温暖化防止」「環境関連法令」の各分野と総合で合否を判定します。

環境エンジニア1級 環境エンジニア2級
合格基準 各分野70%以上、総合80%以上 各分野50%以上、総合65%以上

※総合は、4分野の合計点を満点とし、換算したものです。各分野を足して4で割った数値ではありません。

平成29年度スケジュール

前期 後期
検定試験日時 平成29年7月2日(日) 10:30-11:50 平成30年1月28日(日) 10:30-11:50
申込期間 平成29年4月12日(水)~5月22日(月)
平成29年11月8日(水)~12月18日(月)
合格発表 8月中旬 3月上旬

平成29年度 試験実施会場地区(予定)

       
会場地区
東京都 23区
愛知県 名古屋市
大阪府 大阪市

これらの内容につきましては、変更する場合がございます。