fbq('track', 'ViewContent');

合格者のメリット

"製造業に携わるあなた" へ新たなものさしを

益々Global化する経済の流れの中、日本企業は生産コストを抑えるために海外生産に踏み切ったり、 各国のニーズに対応し新たな世界市場に打って出ようとしています。 そのために相手国の基本的な法律・経済や政治政策を理解することは必須です。 さらに、製造業に携わるビジネスプレイヤーには重要な知識の一つとして「各国の環境問題」への理解が求められます。 すでに「知らなかった」では済まされない状況です。 そこには「ものづくり」に関わる分野だけでも日本とは違う、さらに厳しい規制・法律が欧米を中心に世界各国で施行されています。 このような地球規模での環境問題の知識を体系的に理解しているエンジニアは未だ国内には少なく、 その人材が将来強く求められることは疑う余地もありません。


日本国内で唯一対外的にアピールできる資格

しかしながらこのような知識・能力を評価・証明するものが国内には存在しないため、 企業側は就職後に社内研修等で新入社員や担当部署配属者に教育をしているのが現状です。 そのような状況の中で、一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)は、前述の「各国の環境問題に関する政策や法律」 「世界環境の概略と対応」等をエンジニアが学ぶべき視点で問う「エンジニアのための環境エキスパート検定試験」を実施しています。 環境問題に大きくスポットがあてられている昨今の社会状況を鑑みると、 今後本検定試験で取り扱うテーマはエンジニアが備えるべき知識としてスタンダードとなることは自明の理と言えるのではないでしょうか 。 なお、当該検定試験は、関連分野を体系的に解説している公式ガイドブック「エンジニアのための環境エキスパート検定試験」(日経BP社出版)を 基本にしていますので、それを十分に理解・学習し受験することをお勧めします。